中小企業勤務だと結婚は難しい?結婚に近づく方法を解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • 中小企業のサラリーマンで結婚したいと思っている
  • 中小企業勤務より大企業勤務の方が結婚に有利なのか知りたい
  • 中小企業サラリーマンで結婚したいが出会いがない

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「中小企業サラリーマンが結婚に近づく方法」をお伝えしていきます。

中小、零細企業勤めの人が結婚できないといわれる理由

「中小企業 結婚」

国内における大企業の割合は、約0.3%。国内にある企業の総数は421万社です。日本国内では圧倒的に中小企業が多いのです。

なぜ、中小企業のサラリーマンは結婚できないといわれているのでしょうか。

それでは、中小企業のサラリーマンだと結婚できないと言われる理由を解説していきます。

会社名で経済力を判断される

中小企業でも、安定的に成長を続けている堅実な会社もたくさんあります。会社によって給料に差があるので、やはり経済力を測るには、会社名で調べることが近道です。

会社名で調べれば、IR(インベスター・リレーションズ:企業が投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信する活動)や求人情報などから、ある程度の給料予測はできますよね。

経営がうまくいっていない会社は、給料を多く支払えている可能性は低いです。会社名がわかれば、さまざまな要素から経済力を推測することは可能なのです。

 会社名で将来性を判断される

会社がそこまで大きくなかったりすると、大企業のように青天井な年収アップは考えられないので、会社名から将来性を判断されてしまうこともあります。

女性やその家族も、結婚後に安定した生活ができるかどうかは、どうしても気になります。結婚式を挙げられるだけの貯金はあるのか、子どもは何人まで産み育てられるかなど、具体的に想像します。生活していくためにはお金がかかるので、自分の理想の生活ができるだけの経済力が相手にあるのかを見て、交際のジャッジをされることがあります。

中小企業サラリーマンでも、士業で将来的に独立できるだけの資格と実力を持っている場合は、中小企業に勤めていても経済的な不安はないかもしれません。将来性は結婚を考えるには、重要な項目です。将来性があることは大きな強みになるのです。

中小企業のサラリーマンは大企業より不利

「中小企業 結婚」

なぜ大企業のサラリーマンは結婚に有利で、中小企業のサラリーマンは結婚に不利なのでしょうか。

それでは、中小企業のサラリーマンは大企業より不利といわれる原因を解説していきます。

大企業勤務より安定性、将来性がない

まず、圧倒的な安定性と将来性の違いです。大企業は、月々の給料が高いことや、福利厚生が手厚いだけでなく、中小企業に比べて収入が高くボーナス支給額も桁違いなことがあります。

大企業は、上場しているなど、今後も成長していくであろう将来性のある企業だと判断できます。会社の経済的安定性は、そこで働く社員の経済的安定性と比例します。

厚生労働省の「平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況」によると、企業規模別にみた賃金では、男性では、大企業が383.3千円、中企業が318.3千円となっており、大企業のほうが中小企業より収入が高いことが読み取れます。また、年齢から見ても大企業は中小企業に比べて若いうちに、高年収を達成しています。

やはり大企業の安定性と将来性は、中小企業に勝るものがありますよね。

結婚報告がしづらい

中小企業は、社会的信用やステータスの面で、残念ながら大企業には劣ってしまいます。

大企業というだけで、経済的安定性と将来性がわかるので、手放しで祝福してもらえることが多いです。しかし、中小企業で、あまり名前を言っても伝わらない会社だったりすると、少々気まずい空気になってしまうこともあります。

中小企業のサラリーマン男性が結婚するためのおすすめの方法

「中小企業 結婚」

中小企業のサラリーマンは、大企業のサラリーマンのように、待っていても出会いは訪れません。自分から行動することが大切です。

それでは、中小企業のサラリーマンが結婚するためのおすすめの方法を解説していきます。

婚活マッチングアプリをインストールする

手軽に始められる婚活として、婚活マッチングアプリをインストールしましょう。近年、婚活マッチングアプリで結婚した人が増えています。

婚活マッチングアプリのメリットは主に以下の3つです。

  • すきま時間に婚活ができる
  • 費用が抑えられる
  • 自分のペースで婚活ができる

すきま時間に、多くの異性と出会えるので効率的です。仕事の休憩中や休日に、婚活マッチングアプリで相手探しをすることで、時間を効率的に使いながら、出会いの確率を高めていけます。

また、婚活マッチングアプリは結婚相談所や婚活パーティーに比べて、費用を抑えて活動できます。

さらに、メッセージ機能を使えば、婚活マッチングアプリを介して、直接相手とやりとりすることができるので、より近い距離感と自分のペースで婚活を進めることができます。

結婚相談所に登録する

プロのサポートを受けたい方には、結婚相談所に登録することがオススメです。

結婚相談所のメリットは主に以下の3つです。

  • プロのカウンセラーからのサポートを受けられる
  • 結婚までのスピードが早い
  • 同時に複数人とお付き合いできる仮交際というシステムがある

結婚相談所なら婚活中に困った時も仲人やカウンセラーのサポートを受けながら相手を探すことができます。どのように進めていくかの相談ができるので、恋愛経験があまりない人でも、安心して婚活が進められます。一人で悩むのではなく、プロのカウンセラーにいつでも相談ができるのは、大きなメリットといえるでしょう。

結婚相談所ではお見合いした日から3カ月程度でプロポーズするよう勧められます。結婚相談所を利用する人は、結婚を目的に入会するので、お付き合いも結婚を前提だからこそ早いスピードで結婚が実現するのです。

結婚相談所では仮交際といって複数人と同時にお付き合いをすることができます。 相手を見極めるためにお見合い後は仮交際へ進み、相手のことをより深く知るための時間があります。この期間中に、相手との結婚生活をイメージできなければお断りすることも可能です。

婚活パーティーに参加する

婚活パーティーのメリットは主に以下の3つです。

  • 一度に複数の異性と出会える
  • 全員と話せるように配慮してもらえる
  • 参加条件が決まっているので効率がよい

婚活パーティーは一度に複数の異性と出会えるので、チャンスが広がります。合コンであれば、最高でも一度に出会える人数は4人くらいでしょう。それに比べて、婚活パーティーは30人~40人程度で開催されることが多く、1度に数十人と出会える可能性もあります。

多くの婚活パーティーでは、全員と会話する機会が設けられています。異性と話すのが苦手な人や積極的に自分から声をかけられない人であっても、まんべんなく参加者と話せるので、誰とも話せなかったということはないでしょう。

婚活パーティーでは、年齢や年収、趣味や価値観といった参加条件が設けられています。そのため、自分の希望に合ったパーティを選ぶことで、理想の相手と出会いやすくなります。日常生活では出会えないような職種やタイプの人とも出会えるチャンスがあるので、さまざまな婚活パーティーに参加することで、出会いの幅を広げられるでしょう。

中小企業勤務でも結婚は可能

「中小企業 結婚」

いまは婚活マッチングアプリや結婚相談所、婚活パーティーなど様々な方法で結婚相手を探せます。

婚活をして出会った場合、交際から結婚までの期間は平均で1年半ほどと、他の出会い方に比べて短いといわれています。それは、お互いが交際前から結婚を意識しているからです。

条件を限定した婚活では、同じ価値観を持った人と出会いやすくなるので、経済面や将来性など相談しながら、結婚まで進めていくことができます。

中小企業のサラリーマンは、婚活の努力次第で、相性のよい相手を見つけることができるでしょう。